サイドメニュー

その他

  • よくある質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

コンテンツ

EDGESWEEPER Design LT版

EDGESWEEPER Design LT版

ラスタ形式の図面を仕上げるラスタ編集ソフト

紙図面を起点に、ラスタのまま図面を仕上げるラスタ図面編集ソフト。

販売価格(税込)
105,840円
数量

「紙図面を加工したい」このニーズを、ベクタ感覚の要素認識で可能にしたのが、「エッジ・スイーパ」。線や円が重なったラスタ図面から必要な要素だけを消す、移動するという自在な編集を可能にしました。さらに変更を伴う要素を一時的にベクタ化することで、半径の変更、端点の移動なども簡単。紙図面をTIFFデータ化する「エッジ・スイーパ」は、眠っていた設計資産を生かすプロフェッショナル・ツールとして、図面を扱うあらゆる業種でお役に立ちます。

TECHNOLOGY

ラスタとベクタを混在させた究極の設計スタイル
”ラスタ”と”ベクタ”。全く異なる二種類のデータ形式を混在させたエッジ・スイーパは、紙図面とCADデータが同居する究極の設計スタイルを実現しました。
ラスタの形状を自動判別する要素認識
ドット(点)を繋ぎ合わせて形状を表現しているラスタには線や円といった要素としての認識がありません。そのため、一般的なイメージ編集ではドットを黒く塗潰す、または白く塗潰すことによって図形を描画しています。
しかし、エッジ・スイーパではドットの繋ぎ合わされた状態から、線や円などの要素に自動的に置き換え、オブジェクト単位での編集を可能にしました。
オブジェクト認識により、線や円といった単位で、削除/移動/コピーといった編集が可能になります。
属性設計を可能にする一時的なベクトル化
エッジ・スイーパでは選択要素を一時的にベクタ化することにより、ラスタ上でCADのような高度な編集を可能にしました。ベクタ化された図形は座標/距離/角度/線種等の属性を保有しているので、これらの属性値を変更して図形を編集することが可能です。

ベクタ化された図形は編集後、元のラスタで保存できます。

DXFやDWGへの出力は、EDGESWEEPER MASTER LTで可能です。

  • モデル: MT020102
  • メーカー: 武藤工業株式会社

ページトップへ

Copyright © ANDOR co.,Ltd. All Rights Reserved.